段々と落ちていきます

基礎代謝というのは、年をとるにつれて段々と落ちていきます。

食事の内容は変えていないのに、年をとる度に太りやすくなっているような気もします。

脂肪燃焼系や吸収抑制系のサプリメントも実に多くの種類がありますが、出来ればオーガニック系の漢方で、基礎代謝を上げていきたいですよね。

同じシゴト場の人との関わりの中でのストレスで、ここ最近、自分でも怖くなるくらいに過食になっています。

二の腕やウエストはもちろん、顔の頬や顎にも脂肪がついて太くなって、どうにかスリムになりたいなって考えてはいるのですが、ナカナカ、運動する暇がないのです。

こんな時こそ、あまり苦労しないで痩せられる薬が存在したらいいのになって思います。

簡単な方法で、痩せれるような薬があるのなら、1万や2万ぐらいなら払う気はありますね。

そんな風に思っているくらい本気なんです。

ダイエットが続かないという方は、ダイエットできたという方の体験談を見たり聞いたりするのも参考になります。

ネットなどで見かける記事などは信じられない方も多いと思うので、可能ならば親しい友達などの経験談を教えてもらったりするとためになります。

成功した実体験に触れることでモチベーションがアップします。

ダイエットを行なうときの心構えとしては、まず基礎代謝量を計算して知っておくことが大切です。

基礎代謝とは、平常時に消費されるエネルギーのことをいい、この数値が大きいほど太りにくい体質だと言われています。

最近では、簡単に基礎代謝の計算ができるツールなどがネット上にありますので、一度使ってみて数値を確認してみるといいですね。

私も歳と共に、だんだんと体がゆるんできました。

減量するためには、運動と食事の管理が一番だとは思いつつも、いっこうに時間が確保できずに実施に移せませんでした。

ですが、先日のお風呂上がりに体重計にのってみて、驚いたんです。

とりあえず、自然に運動をするために、可能な限り毎日歩くことから開始してみました。

これで多少なりとも痩せることができたら嬉しいです。

若い頃は基礎代謝力がすごく良いため、多少食べ過ぎて体重が増加しても、時間の経過と共に元通りになることが多くあるものです。

しかし、年齢を重ねると基礎代謝が衰えてしまい、それと同時にエネルギーの消費量も下がるので、何もしないままだと太りやすい体になっていきます。

ダイエットにはよく有酸素運動が効果的だと聴きますが、有酸素と無酸素の判断基準というか、ちょっとわかりにくいですよね。

たとえば、息は上がるけれど、汗をかかないくらいの運動というのがその判断基準のようです。

しかし、発汗の状況は気候などによっても変わりますよね。

そのため、もっとわかりやすい判断基準があるとダイエットがしやすくなると思います。

体重を減らす為に朝ご飯を抜くのは健康状態に良くないので、抜かずに食べる方が効果的です。

カロリーを心配する場合は主食をグリーンスムージーやヨーグルトに置き換えるといいです。

他にも、温野菜やスープも代謝が上がりますし、健康な肌を保てますから、バナナを朝食にしてもいいので、しっかり食べて健康に痩せましょう。